2007年05月04日

粉瘤は化膿するとしないで大違い。

顔をはじめとして人目につくところ以外に粉瘤ができても、小さいうちはあまり気にならないものである。死ぬような病気でもないし。
ただ、細菌が入り込み、粉瘤化膿すると事態は一変する。
とにかく痛い。衣服が触れても痛い。

オレは、粉瘤アテローマ)がオケツの山の頂上付近にできたこともあったが、ここが化膿したときは、椅子に座るのも辛かった。
このケツの粉瘤は結局、破れて、膿んだ中身が出たが。
消毒液を塗って絆創膏を貼ったら治った。ここは再発していない。



posted by 粉瘤オヤジ at2007年05月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 粉瘤(アテローマ)の化膿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。