2007年05月04日

粉瘤(アテローマ)はなんでできるの?


社会人になって働き始めたある日、首の後ろ側にグリグリしたものができた。また「脂肪のかたまり」かと思ったが、仕事は忙しかったし、後ろ髪で隠れたところにできたので、放っておいた。

数週間後、いきなり赤くなり、痛み出した。
これはたまらんと職場の近くの皮膚科のある開業医を訪れる。
これは「アテローマといって、中に豆腐のカスみたいなものが詰まってるんです。」と医者が語った。

「豆腐のカス」という表現は、初めてこの「腫瘍」ができたときにも聞いた。「アテローマ」という言葉は初めてだ。オレは、言葉を頭に刻んだ。「アテローマ」。

赤く化膿したそのアテローマは、医者がそっとメスで切り、どろどろの中身を搾り出してくれた。
いまは中身を出したけど、袋は残っている。また大きくなるかもね、と医者に言われた。膿を出してもらったアテローマは、もう痛くなかった。

オレは頭に刻んだ「アテローマ」という言葉を忘れないようにそのまま大型書店へ向かった。目指すは医学書の階。皮膚科関連のコーナーへ行き、「皮膚病事典」をさがし、アテローマという言葉を調べた。その頃、パソコン通信はあったが、今みたいにインターネットでなんでも調べられる環境など夢の話だったのだ。

【アテローマ】

粉瘤(ふんりゅう)ともいう。

新陳代謝を起す組織は本来、皮膚の外側にあるのだが、皮膚の内部にその新陳代謝を起こす組織ができることから生じる。老廃物は体外へ排泄されなくなり、新陳代謝を起す組織が薄く老廃物を取り囲むため、手術によって摘出した腫瘍は老廃物を納めた袋状を呈する。新陳代謝に伴い肥大化する。

(参考Wikipedia)

この時点で、オレは、この腫瘍の名前が「粉瘤」あるいは「アテローマ」ということを知ったのである。

粉瘤とのつきあいは、このあとも続くことになる。



posted by 粉瘤オヤジ at2007年05月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 粉瘤(アテローマ)の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40739855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。