2012年12月31日

粉瘤(アテローマ)再発2012


2012年。つつがなく終わるともっていた。

12月28日ころから首の後ろの中央部の粉瘤(アテローマ)が膨らみ始めた。

念のため、馬油を塗る。

12月29日、痛みが始まる。後頭部右側のリンパも腫れてる感じ。

さらに馬油を塗る。

12月30日。すでに皮膚科は暮れの休み。医者にいくことは無理。

風呂掃除していたら、首の後ろが痛い。粉瘤(アテローマ)は赤くなり、大きくなっている。

これはまずい。馬油も効かないようだ。

薬局へ行き、化膿をともなう湿疹、皮膚炎に効くと書いてある

テラ・コートリル軟膏を買う。6g入り。九百何十円だったかな。

抗生物質・副腎皮質ホルモン配合です。

http://www.jnj.co.jp/consumer/otc/skin/index_13.html

軟膏は黄色いクリーム状。これを粉瘤に塗る。

その夜風呂に入ると、粉瘤の赤く化膿した部分の皮が直径1cmほど剥けた。

いっそ、破って膿をだしたほうが痛みもおさまるかと思ったが、押してもつぶれなかった。

多少、出血はしている。

風呂からあがり、再びテラ・コートリルを塗り、首にタオルを巻いて寝た。

12月31日。

朝起きると、粉瘤(アテローマ)は盛り上がりが小さくなっている。

痛みはまだある。

しかし、今にも破れそうだった粉瘤は、その山が低くなっている。

タオルには少し血がついていた。

このままおさまるかどうか。どうにか、正月をのりきりたい。















posted by 粉瘤オヤジ at2012年12月31日 | 粉瘤(アテローマ)再発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。