2011年05月07日

脂肪のかたまり。粉瘤ではなくモーパッサン


2011年の春がきました。

日差しは1日1日と強まり、汗をかく機会もふえてきました。


このアテローマのブログにも全国のすべての都道府県からアクセスをいただいています。


アテローマ(粉瘤)は気温が上がると動き出すような気がします。

さて、今日は本の紹介です。

アテローマは俗に「脂肪のかたまり」などと呼ばれます。

しかしながら、アテローマは脂肪ではなく、老廃物の塊であることはみなさまご承知の通りです。

この本はまさに脂肪のかたまりが登場します。

アテローマではありませんがね。


作者はフランスの文豪かのモーパッサンであります。







posted by 粉瘤オヤジ at2011年05月07日 | アテローマ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。